非凡なる日々の暮らしを書き綴る、デンジャラスな関西人のエッセイ。連動サイトにもいらっしゃってね☆http://beibei.ameblo.jp/


by beiko1

28歳がリターン。その1

ふと思い出した。

28歳の頃から、どうも私の中でちまたの若者との感覚がずれ始めたのだった。

先日、カレシ君とCDショップに行って、それを痛感した。
それは何故か??

「今流行の曲や歌手の大半が解らない」からである。
知らないアーティストのポスター、店内で流れる知らない歌。
まるで異空間に出くわしたような、心地悪さ。



当然、私より年上のカレシ君は更に解らない様子。

「これ、誰?流行ってんの??」
沢山のCDの前で、カレシ君も私も、目を丸くして首を傾げるばかり。

「そういえば、この歳になると音楽を聴くって時間もなくなるしなぁ」
カレシ君がぼやく。

私は職場ではBGMでラジオを流しっぱなしなので
ある程度のヒット曲は解るが、誰が歌っているのか、
顔と曲名が一致しない事が多々ある。

そうなのだ。よくよく考えると、あの28歳あたりがターニングポイントだった・・・
[PR]
by beiko1 | 2005-04-22 00:42 | 日記