非凡なる日々の暮らしを書き綴る、デンジャラスな関西人のエッセイ。連動サイトにもいらっしゃってね☆http://beibei.ameblo.jp/


by beiko1
彼女は高校生の頃から化粧をしていたせいで・・・
素顔になると、まぶた上が色素沈着しているそうな。

アイシャドウのつけすぎらしい・・・

「ちえさん、化粧品は肌の上で酸化をおこすので、添加物ギトギトの市販化粧品は絶対にやめたほうがいいですよ!!」

うんうん、知ってるよ。
私は20歳の時から無添加化粧品。それにメイクは24歳では既に卒業。
素肌ですごしているもん。

「それでね、ある人から聞いたんですけど、添加物洗顔料の見分け方があるんですって。
洗顔料に塩を入れてかき混ぜてみると、固まるのが添加物入り化粧品!」

へ~。

「やっぱり、肌のためには化粧はよくない!」
後輩ちゃんは熱弁をふるう。

素肌に目覚めた女性がまた1人・・・
男性にとっても、これは喜ばしいことではないかな。
[PR]
# by beiko1 | 2005-07-18 17:47 | 日記
化粧がバリバリ濃かった後輩ちゃん・・・

最近、頬のシミが大きくなってきた!と騒いでいる。

「ちえさん、やばいです・・・シミが!!」

「その若さで?」
私は問い返す。

「はい、化粧で隠しているけど、だんだん拡がってるんですよ!!」

後輩ちゃんは肌に危機を感じて、化粧品を疑い始めたようだ。
「一杯化粧してたからかしら・・・化粧、やめようかなぁ・・・」

そう!そうだよ!やめるのなら早いほうがいい!!
老化の最大の原因は、化粧だよ。

後輩ちゃんは今まで使っていた化粧品や洗顔料に疑問をもつようになっていく。

・・・続く。
[PR]
# by beiko1 | 2005-06-03 23:39 | 日記

鋼の錬金術師

後輩が貸してくれた漫画を読んではまりました(笑)

テレビ放映終了後の遅まきファンですが、この漫画の面白い事!!

気に入りました、鋼の錬金術師!

今、スカパーで放映中。
カレシ君と仲良く見て居ます。

誰か見てる人、居ますか?!
[PR]
# by beiko1 | 2005-06-03 23:22

28歳がリターン 続編!

カレシ君と時々行く、マック(関西ではマクドで通用)。

28歳を境に、足が遠のき始めた・・・

何が問題か。それは。
「味が濃い、油が濃い!!」と感じ始めたからだ。

身体がうけつけない。
小さい頃はハンバーグとか、洋食が美味しく感じたのが
歳を取るにつけ、ドンドン味覚が和食派と化していく・・・

ハンバーガーなど、典型的に味が濃いくて辛くなってきたのだ。

これは、自分でもショックだった。
ポテトのMサイズが1人で食べきれない!!

あれほどまでに好物だったのに・・・

・・・今では、梅昆布茶が美味しいと感じる和食党へと完全移行だ。

身体がついていかないと同時に、音楽への興味も、
携帯への興味も、プレステなどのゲームの興味も全て薄れてきた。

家電オタクだった私が(爆)、新製品のチェックをしなくなり、
好きな音楽も懐メロ化していくばかり(新曲についていけない)

歳を取るって、こういう事だったんだ!と実感すること、しかり。

カレシ君は6歳上なので、更なる時代に取り残されモードに突入。
2人して、CDショップでは時代の迷子になってしまうのだった・・・

カレシ君、私等ってやっぱり昭和40年代のオッサンオバサンなんだろうかねぇ(苦)

・・・終わり。
[PR]
# by beiko1 | 2005-05-25 22:16 | 日記

すいませんでした・・・

暫くお休みしておりました、裏サイト。

体調も整い始めたので、ぼちぼちいってみましょうか!!

常連様、いつも見てくださってありがとう!!
[PR]
# by beiko1 | 2005-05-25 22:07

28歳がリターン その2

あの頃から、身体の調子が変わってきた。

夜更かしが出来なくなり、何もしていなくても疲れる。
仕事をすると更にぐったりする。

今思うと、それこそ「活性酸素」の仕業だ。
初期老化である。身体が錆びて来ていたのだ。
しかし当時、それに気がつくことはなかった。
たんなる疲れだと思っていた・・・

更に、もうひとつ変化も現われた。
[PR]
# by beiko1 | 2005-04-29 23:30 | 日記
二二二二二二l      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   引っ越し!引っ越し!!
 | |  ♪ _________ ♪   |  ∧_∧    さっさと引っ越~し!!しばくぞっ!!
 | |    |◎□◎|.  |      <`Д´ >つ─◎ 
 | | /´ ̄ ̄ ̄ ̄/⌒ヽ.|   /´ ̄し' ̄し' \ ///.  
 ̄ ̄|       | | ̄ ̄ ̄|  、_人_ /  彡 ◎ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |       | |      |  _)  ◎彡.| |   バン
    |       | |     |  ´`Y´   .| |  バン
    t______t,,ノ    t_______t,ノ



書くのうますぎ(爆)
[PR]
# by beiko1 | 2005-04-22 00:45 | 日記

28歳がリターン。その1

ふと思い出した。

28歳の頃から、どうも私の中でちまたの若者との感覚がずれ始めたのだった。

先日、カレシ君とCDショップに行って、それを痛感した。
それは何故か??

「今流行の曲や歌手の大半が解らない」からである。
知らないアーティストのポスター、店内で流れる知らない歌。
まるで異空間に出くわしたような、心地悪さ。



当然、私より年上のカレシ君は更に解らない様子。

「これ、誰?流行ってんの??」
沢山のCDの前で、カレシ君も私も、目を丸くして首を傾げるばかり。

「そういえば、この歳になると音楽を聴くって時間もなくなるしなぁ」
カレシ君がぼやく。

私は職場ではBGMでラジオを流しっぱなしなので
ある程度のヒット曲は解るが、誰が歌っているのか、
顔と曲名が一致しない事が多々ある。

そうなのだ。よくよく考えると、あの28歳あたりがターニングポイントだった・・・
[PR]
# by beiko1 | 2005-04-22 00:42 | 日記

お師匠さまのサイト

私がホムペを開設した頃、凄く参考になったサイトがある。

あまりにナイスな日記を繰り広げる管理人さんの世間を見る鋭い目線と
切れ味抜群の文体に魅せられ、毎日見に行った。

勝手に、「私のお師匠様」と決めて、その師匠に憧れエッセイを書いた。

あれから5年。いまだお師匠さまほどの腕前に上がらない私の文章。
しかし、お師匠様は最近自分のHPを更新されていません。
もっともっと楽しい日記を拝見して、私も腕を磨きたかったのにな・・・

お師匠様、カムバック!!

また、新たな日記読みたいよーーーー!!



お師匠さまの日記はこちら。ほんまに笑える!!
http://www31.ocn.ne.jp/~donburi/MUNYA/munya.html
[PR]
# by beiko1 | 2005-04-17 01:14 | 日記
先日、NHKの討論番組をちらっと見た。

なんか、正社員と非正社員(アルバイトなど)の雇用形態や待遇について
問題あり!との議論を交わしていた。

アルバイトなどは、突然解雇されたり、正社員と同じ仕事をしていても
賃金で差別されたりして、大変不満であり、これはおかしい!と言う意見が
多かった。

けれど、私はその意見のほうが、ハッキリ言って「ハァ??」なのである。

正社員とフリーターと、差別があって当然だろ!!
でなきゃ、何のために正社員として働いているんだ!!意味ないだろうが!!


正社員として働く私の意見である。

正社員は、正規の社員として雇用契約を交わした以上、仕事について責任を負う。
しかも、長期の視野展望をしながら、
会社に継続的に利益を生み出さなければならない。
それが正社員の一番の義務である。
今日の仕事を片付ければそれでオッケーなのでは決してない。

その点、フリーターは一日の仕事をこなしてナンボの雇用形態だ。
だから、責任も薄いし、突然の解雇もありうるのだ。

もし、その突然の解雇がそんなに気に食わないのであれば、
そのアナタこそ、正社員として職につけばいいだけの話しだ。
責任は負いたくない、給料は同じくらい欲しいなんて、欲ボケはなはだしい!


正社員の給料や福利厚生がフリーターに比べ充実しているのは、
責任を負う仕事を任されているからこそだ。
その責任の報酬として、雇用主から金としてもらっているだけだ。

それを解って論議しているのか???
甘ったれんなよ、スタジオに集結した口の達者なフリーターさんたちよ!

見ていてムカつく討論番組だった。

全く、こんなところに出てしゃべってる暇があったらば、
正社員の募集を探して就職活動したらどうなんだよ。
本気でそう思った。


言っておくが、正社員でも仕事っぷりの悪い人はリストラされるからね!
それはごく当然のこと。
お金払ってるのに、職場に利益を生まない人は解雇されて当然ですから。

世の中、机上の理論が通用するほど甘くないのよ。
[PR]
# by beiko1 | 2005-04-11 00:58 | 日記

大阪ドーム

d0011117_1650996.jpg

楽天イーグルスの試合を見に行った。
試合に負けたけど楽しかった!
本来は阪神タイガースファンの私とカレシ君たけれどたまにパリーグも観戦。
[PR]
# by beiko1 | 2005-04-10 16:50
私のメインサイトなどでも一度書いたが、私は化粧はしない。
っていうか、気がついて止めたのだ。

「肌に悪い、カレシ君にはウケがひときわ悪い、いいことひとつもない」

止めてよかった!とあの時の選択を今でも支持すること、しかり。
もう8年ほどノーメークだが、そのお陰か、後輩にも年齢不詳に見えるらしい。


ちなみに、ファッション好きな後輩は時々ファッション雑誌を私に見せてくれる。
お気に入りの「キャンキャン」という雑誌。
(私は全然読まない)

ページをめくると、まばゆいばかりに衣装の山。
にこやかに笑った若いモデルさんがミニスカートにサンダル姿で
ポーズを決めている。

「この服、すっごくかわいいでしょーーー??」
指をさして私に見せてくれるページを私も一緒に見ながら
「ほんとだねー」
と頷きつつ、実は私は違う事を考えている。

「このモデルさん、化粧濃すぎる・・・肌に悪いよ。活性酸素増えちゃうよ」
「あと数年で絶対シミも出来てくるのに、ボロ隠しで更に厚化粧間違いなし・・・」


私は、服を見ているフリをしつつ、実はモデルのメイクが気になって仕方がない(爆)
まさに、お水メイクだ!!

ファッションリーダーがこんなメイクをしていれば、
さすが後輩ちゃんもそれを見習うはずだ。
じつは、先日こう言った。

「私、あゆ(浜崎あゆみ)のメイクがしたいんです!
その為にはマスカラが絶対いるんです。目を大きく描きたいし。
やっぱり、マスカラ復活させます!」

ああ・・・目よりもやっぱりファッションですか・・・
身体に悪うございますよ・・・
そんなにしたかったのなら、私は止められませんが・・・


きっと、化粧の濃さも、化粧による弊害も、
「しまった!あんなにやるんじゃなかった!!」と後悔するのは3年後だろう・・・

27歳になったら、確実に初期老化が始まるんだよ・・・
その時に、みんな初めて慌てるんだよね。
そして、今までは装おう為のメイクだったのが、単に若作りの為のメイクに変わっていく。

彼女もこの道を歩むんだろうな・・・(汗)


ちなみに、私。
ファッション雑誌を彼女に見せてもらって感じたことがもうひとつ。
出てくるモデルさんが、誰もが同じ顔に見えます。
メイクが同じであることもひとつの理由ですが、
若い子がみんな同じに見える・・・ってのは、歳をとった証拠なのかも知れません。

芸人のヒロシが、そう言ったネタを「ヒロシです・・・」で披露してました。(苦笑)
[PR]
# by beiko1 | 2005-04-07 00:51 | 日記
毎回後輩との会話の内容ばかりですまん。

とりあえずAnnexサイトであるこちらのテーマは、
「30代のボヤキ」がメインで、世代間ギャップや
常に思っていることをぶちまけて行こう!という企画のもと、構成されているので、
ご了承願いたい。


早速だが、20代半ばの後輩ちゃんは、ファッションのみならず、
お化粧まで凝りに凝りまくっている年頃娘。

仕事上必須のマスクをとれば、べったりとファンデーションがつくくらい、
シッカリメークなのだった。

ハッキリ言って私には彼女の顔がファンデーション色をしているのが毎日、気になる。
素肌の質感が全くない顔をしているのだ。

あの若さでこの状態で大丈夫だろうか・・・
皮膚呼吸、ちゃんと出来ているのだろうか??(笑)
オバちゃんから見ると、トンデモ気になる一大事だ。
彼女はまだ若いから気がついていないだろうが、肌の老化を加速させるぞ。
年齢が上がると、肌のアラを隠す為に更にメークが濃くなるのは必至である。


先日こんな話を私にしてくれた。

「私、目に傷が入ってると眼科で言われたんですよ」

「ど、どうして?」

「マスカラのやりすぎで、マスカラの繊維が目に入って傷つけたらしいです。
それで最近、マスカラ止めました!」

「だ、大丈夫??」
私は焦る。こんな怖い話はない。
「そういえば最近テレビで言ってたけど、医療無許可のカラーコンタクトをつけて
目を傷つけてる子が多いって言ってたし、ほんと、危ないよ!」

「ああ、そういう話も聞きますね。私マスカラ好きなんですけど、
しばらくは出来そうにないです・・・」


そりゃー、絶対やらないほうがいいよ、後輩ちゃん。危ないって!
健康を害してまで施す化粧って何なんだ??

私は女だが、化粧は毒だと思っている。第一、女が思うほど男にはウケないんだよ!


「女の人が考える美しさと、男の人が考える美しさって違いますよね!」
後輩は話を続ける。

おお、解ってるじゃん!後輩ちゃん。

「この前、新しい口紅を気に入って買ったんです。けど、カレシが
その色濃いよ!っていい顔しなくって。ショック!」

そうなんだよ。男はね、出来るだけ化粧をして欲しくはないの。
ほとんどの男はそう思ってるんだよ。
バッチリメークが可愛い、綺麗だなんて思っているのは女の間だけ!妄想なんだよ。


次回へ続く
[PR]
# by beiko1 | 2005-04-04 00:26 | 日記

ストップ!ザ・老化

職場の後輩に老化の話しをしてみる。
私の世代になると、各々のしみやシワなど老化の進み具合の心配話しで
もちきりになる。
先日、高校時代の友人2人と会ったが、例外なく老化対策の話しになった。

後輩はやはり若いので、あまりピンとこないようだ。
全く気にしてはない訳はないらしいが。
来る20代後半に向けて、私からいい情報を得ることには
かなり興味津々のようだが、
老化対策に有効と言われるサプリメントの一ヶ月当たりの値段を知るとこう叫んだ。

「ええ??そんなに高いんですか?だったら私いらないです!
それなら好きな服買いますよ!!」


やっぱり、何より服ですか・・・後輩さん。(笑)

私なら迷わずサプリメントを取りますが・・・
高いっても、一ヶ月3000円程度ですよ。
それで老化が緩やかになるなら、それのほうがいいです。私。

華やかな服を着たところで、顔がオバちゃんになってきたら
何着ても似合いませんからねぇ・・・
後ろから見たら服が綺麗でも、振り返ったら愕然とする老化顔じゃ
話しになりませんから・・・

いい服が映えるのは、若さあっての事だと私は強く思います。

だったら、早め、早めに老化対策をしないと、
一気に来ますよ!老化は!!ある日突然にね!(マジで)

今、私が一番お金掛けて投資しているのは、若さ維持対策サプリです。
何を飲んでいるかは、企業秘密(はあと)

カレシ君からも「ちえさん絶対老けるなよ!」と言われてますから(笑)
今のところ、安全圏内です。

女性は35歳で一気に肌が衰えてくるそうです。
そこで、若く見られる・老けている人の差が歴然と出る、と言います。

さて、私はどっちに転ぶかしら?カレシ君、楽しみにしていてね。(笑)
[PR]
# by beiko1 | 2005-03-31 23:11 | 日記

後輩はさすが若いっ!

御歳24歳の新人後輩は、とってもあたらしもの好きである。
お金に糸目をつけない性分であるようで、
話をきいていると頭がクラクラする。

洋服、靴、バッグが大好きなのは年頃の女の子らしいのだが、
それに賭ける金額の高さに、唖然とすることしかり。

「この前買ったお気に入りの洋服、3万円しました!」
「去年買った冬物のコートは4万円!」
「この首巻、1万円だったんです!」
「今度買おうと思っているキャミソール、1万5千円で・・・」

凄すぎ。洋服代だけでそんなに・・・

私、そんなお金あったら、新しいパソコン買うよ・・・
洋服代だけにそんなにお金かけてらんないわ・・・!!

それだけでない。
去年買った携帯が既に気に入らないとかで、
ドコモの新機種3万程度のをもうすぐ買うつもりだとか、
バイクのヤマハ・ビーノを買ったが、あとで部品をドレスアップして
車体価格20万円以外に部品代が6万円別に払ったとか、
とんでも金回りのよすぎる女の子らしい。


ちなみに、私に彼女は聞く。
「ちえさん、貯金されてます?」

「うん、まぁそれなりには、ね。この歳で貯金ないのもおかしいしね」
私は応える

「へえ!凄いなぁ!私、貯金ゼロですから!みんな遣っちゃうんですよ」彼女はそういって笑う。

後輩さん、流石だわ!若いわ!!
その歳ではお金なくっても通用する世代よね。
確かに何でも買いたい時期だろうしね・・・

でも、いくらなんでも、私は真似できないわ。
人間、ひとつ歳とるごとに、人生費用の相場が上がってゆくのよ。
毎年、生活するのに要るお金の額が上がってゆくのよ。
30代に入って貯金ゼロだったら、今後の人生に陰りが出てくる事間違いなしよ。


うらやましい、と思う反面、彼女の近い将来が若干、不安である。

人間、浪費癖をもつ人はそれを治そうと思ってもなかなか直らない。
浪費癖は性格と同じものだから、貯めようと思っても遣ってしまう事がほとんど。

私は計画的貯蓄型だったので、ある程度趣味のスキーや
パソコン、自動車、親への旅行プレゼントに出資しながら、貯金も同時に
少しずつだが長年培ってきた。

だから、服装も派手なものや高価なものは一切ない。
けれど、それに全く不満もない。

究極の結論を言ってしまうと、どれほど若い時期に金かけて綺麗に着飾ってても
主婦になっちまえば、トレパンに健康サンダルの服装をせざるを得ない
生活が待っているのだ(笑)。

それほど、現実はきびしくそして哀しい。
よっぽどのセレブな生活でないとね。

後の人生に、それほどの独身時代との落差が待っているのであれば、
わざわざ金かけて着飾ったとしても無駄なもんだと私は思っている。

若いときの写真を見て、「あの頃の私はリッチだったなぁ・・・」
と落胆のため息をつきたくはない、と強く思っている。

であれば、今から質素な堅実な生活を送り、将来に備えるべきだと
20代の頃から思い、計画的貯蓄を行ってきたのだ。

綺麗に着飾った独身リッチな彼女の姿を見ながら、私は私の道を堂々と往く。
[PR]
# by beiko1 | 2005-03-31 22:24
実を言うと、私は劣等感の固まりで出来た人間である。
自らを、「ろくでなし」だと、心のどこかでは常にそう思って生きている。

そんな痛みを心に植えつけて育ったには訳がある。

私は学生時代、勉強は出来ない、運動もできない、
要領も器量もない、特に可愛くもない、本当に落ちこぼれ学生で、
更に小学生から中学生に至るまで7年間もいじめに遭い、
楽しかった事は実に全くない、辛い学生生活を送ってきたのだった。

小学生から高校生に至るまで、学生生活で思い出に残るのは
嫌な思いばかりだ。今でも思い返すのも苦痛だ。

更に家庭でも、秀才の兄貴に私は常に馬鹿にされ、
マヌケよわ張りされて生きてきた。
母親にも
「兄ちゃんはあんなに勉強が出来るのに、あんたって子は・・・」
と言われ続けて育った。

そんな私は、ともすれば非行に走るか、引きこもるかの瀬戸際まで行ったが、
そんな事をすれば自分で自分を更に落としてしまう、
本当のロクデナシであることを自ら証明してしまう事になる、
それだけは止めておこう、
マイナス地点のここから、どこまで這い上がって私は上に行けるか、
力を振り絞って試してみよう!と考えたのだった。

学校を卒業して就職してしまえば、運動オンチだろうが頭悪かろうが
一切関係ないのである。
一流大学だろうか、高卒だろうが、従事する仕事の質には変わりがない。
ここから重要なのは、社会への適応性と忍耐力と努力の3点でよい。
ここからが、私の本当のスタートじゃ!!と
学生時代の苦難をバネに、がむしゃらに社会と職場と闘ってきた。

ロクデナシとレッテルを貼られたからこそ、これまで真剣に頑張れた。
今振り返ってそう思うのだ。

私の目指すところは、
「日本中の落ちこぼれ者の、希望の星になること」である。

アイツでもここまで出来る、だったら自分も!!
と私を見て他の誰かが勇気を出す事が出来る、そんな存在になりたいのだ。


そんな私にぴったりの応援歌がある。
これぞ、私のテーマソング。
ザ・ブルーハーツの「ロクデナシ」。



   「ロクデナシ」

役立たずとののしられて 最低と人に言われて
要領よく演技できず 愛想笑いも作れない
死んじまえとののしられて このバカと人に言われて
うまい具合に世の中と やっていくことも出来ない

全ての僕のようなロクデナシのために この地球はぐるぐると廻る
劣等生で十分だ はみ出し者で構わない

お前なんかどっちにしろ 居ても居なくても同じ
そんなこという世界なら 僕は蹴りを入れてやるよ
痛みは初めのうちだけ 慣れてしまえば大丈夫
そんなこと言えるあなたは ヒットラーにもなれるだろう

全ての僕のようなロクデナシのために この地球はぐるぐると廻る
劣等生で十分だ はみ出し者で構わない
劣等生で・・・!!

oh!生まれたからには生きてやる!!

誰かのサイズに合わせて 自分を変えることはない
自分を殺す事はない ありのままでいいじゃないか!

全ての僕のようなロクデナシのために この地球はぐるぐると廻る
劣等生で十分だ はみ出し者で構わない

劣等生で十分だ!!



・・・この唄の通リ、私も生まれたからには精一杯生き抜いてやる。
私の可能性を絞り出して這い上がり、全身全霊社会と闘ってやる。
仕事で負けるもんか!!私はやるよ!!
[PR]
# by beiko1 | 2005-03-30 23:14

コンビニとスーパー

20代半ばまではよくコンビニを利用したもんだ。
しかし、数年前からよっぽどの事がない限り行かなくなった。

その理由はひとつ。
「商品が全て高いから」である。

一個当たりの値段が、スーパーより数十円高価だ。
いや、一個くらいならそれでも大したことはないだろう。
けれど、それが5回、10回、20回となると・・・
結構な差額になってくることに、ある日気がついた。

同じ商品を手にするのに、安いに越した事はない。

損得勘定にうるさい関西人、ちえはそう考える。
以来、スナック菓子等、スーパーで売っているものはスーパーで。

ちりも積もれば山となるとは、昔の人はよく言ったもんだ!!
毎月のお金の飛んで行き具合がまるで違う。
ほんと、コンビニで買い物するのがますます馬鹿らしくなってきた。

最近は、カレシ君にも
「スーパーで買えるものはスーパーで!!」
と意識を植え付けさせているので、
カレシ君もコンビニ通いを減らしたらしい。

まるで主婦のような私・・・

けれど、三十路を過ぎると、いつまでも若者の感覚では暮らしてゆけないのだ。
それなりに貯金もしておかないと恥ずかしい。
金銭感覚を鈍らせていて平気な世代はとっくに卒業した。

「無駄は省く!!」
これを生活の柱に、お金を貯めなければ。

お金について、職場の後輩とのやりとりで、更に思ったことがあるのだが、
それはまた次回語ることにする。
[PR]
# by beiko1 | 2005-03-28 23:23

スキー中

d0011117_1345249.jpg

今日は岐阜の某スキー場へ。
楽しんでる!

しかし先ほどカップコーヒーを自販機で買ったら
誤って左手にこぼしてヤケド!
くそー(`ε´)ぶー
コップの水に手を突っ込んで冷やしてる…

でも天気はサイコー!
来て良かった!(^-^)また来年。
[PR]
# by beiko1 | 2005-03-27 13:45

ヒネたおひなさま?

ひな祭りの日。
帰宅すると、桜饅頭がおいてある。

おいしそうだなと見ていると。
「お前のひな祭りに買ったぞ。食べていいよ」
と父が言う。

大きな大人なのに、父にとってはいつまでも子供なんだな、私。
そう思って饅頭を眺めていた。

すると母が
「随分歳をとった、ヒネたおひな様だけどねぇ」

やかましい!!母!!

言い返せない自分が更に嫌だった。(苦)
そして、誰もフォローがなかったことが私の乙女心を傷つけた。
嗚呼、歳は取りたくないや・・・
[PR]
# by beiko1 | 2005-03-26 19:48

野球好き。

そろそろプロ野球が始動!
カレシ君は大の阪神ファン。
去年はタイガース写真集まで買う熱狂振り(笑)
2003年優勝の時は当然優勝セールへ。
「今年も優勝だ!」と今から意気揚々…

どうして阪神ファンて毎年優勝だと言い切るのか?
せめて、3位に入るとか遠慮したほうが…

私がそう言うと、
「今年はいけるねん!優勝するって!!」
と断言。

週末、カレシ君の家に行くと必ずケーブルテレビの野球中継観戦中。

よっぽど野球好きなんだね。
子供の頃野球選手が夢だったらしい。

カレシ君、今年も甲子園に一緒に行こうね。
[PR]
# by beiko1 | 2005-03-25 14:34

職場風景

d0011117_95142.jpg

デンジャラスな現場です。
[PR]
# by beiko1 | 2005-03-25 09:51

再引越!

ご挨拶です。

こちらに移設予定です。
宜しくお願いします☆


http://beibei.ameblo.jp/
が、私の過去ログとなります。
[PR]
# by beiko1 | 2005-03-25 01:13