非凡なる日々の暮らしを書き綴る、デンジャラスな関西人のエッセイ。連動サイトにもいらっしゃってね☆http://beibei.ameblo.jp/


by beiko1

<   2005年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

28歳がリターン その2

あの頃から、身体の調子が変わってきた。

夜更かしが出来なくなり、何もしていなくても疲れる。
仕事をすると更にぐったりする。

今思うと、それこそ「活性酸素」の仕業だ。
初期老化である。身体が錆びて来ていたのだ。
しかし当時、それに気がつくことはなかった。
たんなる疲れだと思っていた・・・

更に、もうひとつ変化も現われた。
[PR]
by beiko1 | 2005-04-29 23:30 | 日記
二二二二二二l      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   引っ越し!引っ越し!!
 | |  ♪ _________ ♪   |  ∧_∧    さっさと引っ越~し!!しばくぞっ!!
 | |    |◎□◎|.  |      <`Д´ >つ─◎ 
 | | /´ ̄ ̄ ̄ ̄/⌒ヽ.|   /´ ̄し' ̄し' \ ///.  
 ̄ ̄|       | | ̄ ̄ ̄|  、_人_ /  彡 ◎ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |       | |      |  _)  ◎彡.| |   バン
    |       | |     |  ´`Y´   .| |  バン
    t______t,,ノ    t_______t,ノ



書くのうますぎ(爆)
[PR]
by beiko1 | 2005-04-22 00:45 | 日記

28歳がリターン。その1

ふと思い出した。

28歳の頃から、どうも私の中でちまたの若者との感覚がずれ始めたのだった。

先日、カレシ君とCDショップに行って、それを痛感した。
それは何故か??

「今流行の曲や歌手の大半が解らない」からである。
知らないアーティストのポスター、店内で流れる知らない歌。
まるで異空間に出くわしたような、心地悪さ。



当然、私より年上のカレシ君は更に解らない様子。

「これ、誰?流行ってんの??」
沢山のCDの前で、カレシ君も私も、目を丸くして首を傾げるばかり。

「そういえば、この歳になると音楽を聴くって時間もなくなるしなぁ」
カレシ君がぼやく。

私は職場ではBGMでラジオを流しっぱなしなので
ある程度のヒット曲は解るが、誰が歌っているのか、
顔と曲名が一致しない事が多々ある。

そうなのだ。よくよく考えると、あの28歳あたりがターニングポイントだった・・・
[PR]
by beiko1 | 2005-04-22 00:42 | 日記

お師匠さまのサイト

私がホムペを開設した頃、凄く参考になったサイトがある。

あまりにナイスな日記を繰り広げる管理人さんの世間を見る鋭い目線と
切れ味抜群の文体に魅せられ、毎日見に行った。

勝手に、「私のお師匠様」と決めて、その師匠に憧れエッセイを書いた。

あれから5年。いまだお師匠さまほどの腕前に上がらない私の文章。
しかし、お師匠様は最近自分のHPを更新されていません。
もっともっと楽しい日記を拝見して、私も腕を磨きたかったのにな・・・

お師匠様、カムバック!!

また、新たな日記読みたいよーーーー!!



お師匠さまの日記はこちら。ほんまに笑える!!
http://www31.ocn.ne.jp/~donburi/MUNYA/munya.html
[PR]
by beiko1 | 2005-04-17 01:14 | 日記
先日、NHKの討論番組をちらっと見た。

なんか、正社員と非正社員(アルバイトなど)の雇用形態や待遇について
問題あり!との議論を交わしていた。

アルバイトなどは、突然解雇されたり、正社員と同じ仕事をしていても
賃金で差別されたりして、大変不満であり、これはおかしい!と言う意見が
多かった。

けれど、私はその意見のほうが、ハッキリ言って「ハァ??」なのである。

正社員とフリーターと、差別があって当然だろ!!
でなきゃ、何のために正社員として働いているんだ!!意味ないだろうが!!


正社員として働く私の意見である。

正社員は、正規の社員として雇用契約を交わした以上、仕事について責任を負う。
しかも、長期の視野展望をしながら、
会社に継続的に利益を生み出さなければならない。
それが正社員の一番の義務である。
今日の仕事を片付ければそれでオッケーなのでは決してない。

その点、フリーターは一日の仕事をこなしてナンボの雇用形態だ。
だから、責任も薄いし、突然の解雇もありうるのだ。

もし、その突然の解雇がそんなに気に食わないのであれば、
そのアナタこそ、正社員として職につけばいいだけの話しだ。
責任は負いたくない、給料は同じくらい欲しいなんて、欲ボケはなはだしい!


正社員の給料や福利厚生がフリーターに比べ充実しているのは、
責任を負う仕事を任されているからこそだ。
その責任の報酬として、雇用主から金としてもらっているだけだ。

それを解って論議しているのか???
甘ったれんなよ、スタジオに集結した口の達者なフリーターさんたちよ!

見ていてムカつく討論番組だった。

全く、こんなところに出てしゃべってる暇があったらば、
正社員の募集を探して就職活動したらどうなんだよ。
本気でそう思った。


言っておくが、正社員でも仕事っぷりの悪い人はリストラされるからね!
それはごく当然のこと。
お金払ってるのに、職場に利益を生まない人は解雇されて当然ですから。

世の中、机上の理論が通用するほど甘くないのよ。
[PR]
by beiko1 | 2005-04-11 00:58 | 日記

大阪ドーム

d0011117_1650996.jpg

楽天イーグルスの試合を見に行った。
試合に負けたけど楽しかった!
本来は阪神タイガースファンの私とカレシ君たけれどたまにパリーグも観戦。
[PR]
by beiko1 | 2005-04-10 16:50
私のメインサイトなどでも一度書いたが、私は化粧はしない。
っていうか、気がついて止めたのだ。

「肌に悪い、カレシ君にはウケがひときわ悪い、いいことひとつもない」

止めてよかった!とあの時の選択を今でも支持すること、しかり。
もう8年ほどノーメークだが、そのお陰か、後輩にも年齢不詳に見えるらしい。


ちなみに、ファッション好きな後輩は時々ファッション雑誌を私に見せてくれる。
お気に入りの「キャンキャン」という雑誌。
(私は全然読まない)

ページをめくると、まばゆいばかりに衣装の山。
にこやかに笑った若いモデルさんがミニスカートにサンダル姿で
ポーズを決めている。

「この服、すっごくかわいいでしょーーー??」
指をさして私に見せてくれるページを私も一緒に見ながら
「ほんとだねー」
と頷きつつ、実は私は違う事を考えている。

「このモデルさん、化粧濃すぎる・・・肌に悪いよ。活性酸素増えちゃうよ」
「あと数年で絶対シミも出来てくるのに、ボロ隠しで更に厚化粧間違いなし・・・」


私は、服を見ているフリをしつつ、実はモデルのメイクが気になって仕方がない(爆)
まさに、お水メイクだ!!

ファッションリーダーがこんなメイクをしていれば、
さすが後輩ちゃんもそれを見習うはずだ。
じつは、先日こう言った。

「私、あゆ(浜崎あゆみ)のメイクがしたいんです!
その為にはマスカラが絶対いるんです。目を大きく描きたいし。
やっぱり、マスカラ復活させます!」

ああ・・・目よりもやっぱりファッションですか・・・
身体に悪うございますよ・・・
そんなにしたかったのなら、私は止められませんが・・・


きっと、化粧の濃さも、化粧による弊害も、
「しまった!あんなにやるんじゃなかった!!」と後悔するのは3年後だろう・・・

27歳になったら、確実に初期老化が始まるんだよ・・・
その時に、みんな初めて慌てるんだよね。
そして、今までは装おう為のメイクだったのが、単に若作りの為のメイクに変わっていく。

彼女もこの道を歩むんだろうな・・・(汗)


ちなみに、私。
ファッション雑誌を彼女に見せてもらって感じたことがもうひとつ。
出てくるモデルさんが、誰もが同じ顔に見えます。
メイクが同じであることもひとつの理由ですが、
若い子がみんな同じに見える・・・ってのは、歳をとった証拠なのかも知れません。

芸人のヒロシが、そう言ったネタを「ヒロシです・・・」で披露してました。(苦笑)
[PR]
by beiko1 | 2005-04-07 00:51 | 日記
毎回後輩との会話の内容ばかりですまん。

とりあえずAnnexサイトであるこちらのテーマは、
「30代のボヤキ」がメインで、世代間ギャップや
常に思っていることをぶちまけて行こう!という企画のもと、構成されているので、
ご了承願いたい。


早速だが、20代半ばの後輩ちゃんは、ファッションのみならず、
お化粧まで凝りに凝りまくっている年頃娘。

仕事上必須のマスクをとれば、べったりとファンデーションがつくくらい、
シッカリメークなのだった。

ハッキリ言って私には彼女の顔がファンデーション色をしているのが毎日、気になる。
素肌の質感が全くない顔をしているのだ。

あの若さでこの状態で大丈夫だろうか・・・
皮膚呼吸、ちゃんと出来ているのだろうか??(笑)
オバちゃんから見ると、トンデモ気になる一大事だ。
彼女はまだ若いから気がついていないだろうが、肌の老化を加速させるぞ。
年齢が上がると、肌のアラを隠す為に更にメークが濃くなるのは必至である。


先日こんな話を私にしてくれた。

「私、目に傷が入ってると眼科で言われたんですよ」

「ど、どうして?」

「マスカラのやりすぎで、マスカラの繊維が目に入って傷つけたらしいです。
それで最近、マスカラ止めました!」

「だ、大丈夫??」
私は焦る。こんな怖い話はない。
「そういえば最近テレビで言ってたけど、医療無許可のカラーコンタクトをつけて
目を傷つけてる子が多いって言ってたし、ほんと、危ないよ!」

「ああ、そういう話も聞きますね。私マスカラ好きなんですけど、
しばらくは出来そうにないです・・・」


そりゃー、絶対やらないほうがいいよ、後輩ちゃん。危ないって!
健康を害してまで施す化粧って何なんだ??

私は女だが、化粧は毒だと思っている。第一、女が思うほど男にはウケないんだよ!


「女の人が考える美しさと、男の人が考える美しさって違いますよね!」
後輩は話を続ける。

おお、解ってるじゃん!後輩ちゃん。

「この前、新しい口紅を気に入って買ったんです。けど、カレシが
その色濃いよ!っていい顔しなくって。ショック!」

そうなんだよ。男はね、出来るだけ化粧をして欲しくはないの。
ほとんどの男はそう思ってるんだよ。
バッチリメークが可愛い、綺麗だなんて思っているのは女の間だけ!妄想なんだよ。


次回へ続く
[PR]
by beiko1 | 2005-04-04 00:26 | 日記